主の平和


尼崎聖ステパノ教会は1907年(明治40年)に阪神尼崎駅の南、北城内で伝道始まったとみられますが、

1911年(明治44年)12月25日を公式に創立記念日としています。

戦争で礼拝堂は消失しましたが、戦後1948年(昭和23年)に尼崎市東難波町に移転し、

1925年(昭和元年)に創立した難波幼稚園の経営とともに歩んできました。

1982年(昭和57年)に、旧市街から北部住宅地の南塚口町に移転し、

名称を「尼崎聖公会」から「尼崎聖ステパノ教会」に変更しました。

2015年(平成27年)に、老朽化した牧師館を建て替えるとともに、駐車場を増設し、利便性が格段に向上しました。


  礼拝堂(聖堂)は2階ですがエレベーターがあります。お気軽においでください。

  阪急塚口駅前からバス13系統「阪神尼崎駅」行きに乗り、3つ目、「新庄下橋」バス停下車すぐ

2018年長寿感謝礼拝

16名の77歳以上の兄弟姉妹が出席しました。最高齢は90歳

おめでとうございます



礼拝中奉献する子どもたち

復活日(イースター)礼拝は50名以上の会衆が集い、礼拝後愛餐会を楽しみました。

久しぶりに西田真哉司祭も顔を見せて、筆談で交わりを楽しみました。

 

 

 

 

教会の近くを流れる庄下川の桜です。

アクセスマップ